会長挨拶

Chairman Greeting

■会長挨拶
■クラブ概要
■組織構成
■会員名簿
■年間例会予定
■卓話
■例会場
■リンク
■トピックス
■E-Mail
■HOME





会 長 所 信
会長顔写真
2020-2021年度会長
末 永 克 典

ロータリーをつなぐ

"今は耐える・そして備える"

 今、世界中の人々が「新型コロナウイルス」の脅威にさらされながら、近年ではあまり経験した事のない生活様式を強いられています。そしてしばらくはこの状態が続くと予想されます。この不安定な状況下に於いて我々ロータリアンはどう行動していくべきでしょうか?例会開催への不安や奉仕活動や事業を行う事に対しても、会員の皆様の中にも様々なお考えがあると思います。少なくとも今は非常事態であるとの認識を皆さんに共有して頂く事が今年度の中津ロータリークラブに於ける活動の方向性になると考えます。
 そこで、私は以下の3点を本年度の基本的な方針とさせて頂きます。

1. 会員の皆様の健康に対する安心・安全を最優先に心がけます。
例会開催にあたっては、細心の注意を払い皆様が安心して出席頂ける環境作りを心掛けます。
2. 会員の皆様には経済活動を最優先して頂きます。
諸事情等で会場へ来て頂けなくても例会に参加できるインターネットを通じた例会環境を整えます。
3. いかなる状況でもロータリーをつなぐ努力をします。
昨今、国際ロータリーに於いても「多様性」が重要視されています。既成概念にとらわれず、この状況をプラスに捉えながらも会員の皆様にはやさしいクラブ運営を目指します。

 本年度、ホルガー・クナークRI会長(ドイツ)は、「ロータリーは機会の扉を開く」をRIテーマに掲げています。ロータリーとは、単にクラブに入会するだけでなく、無限の機会への招待ですと言われています。また、RI第2720地区 硯川昭一ガバナー(熊本江南)は、本年度地区スローガンとして、「ロータリーは無限の可能性:情熱で夢を未来に届けよう」を掲げました。

 多様性や柔軟性のあるクラブ運営への提案や、単なる数字の設定ではない増強の目標、ポリオの根絶等なにより数年後の夢を大いに会員同士で語り合い、共に研鑽しあいながら地域のリーダーとして自らのリーダーシップを高めて頂きたいとの思いが詰まった明確なテーマだと理解しています。地域のニーズを的確に捉え、奉仕活動をタイムリーに実践して行く事こそが、今我々ロータリアンにとっての使命であると思います。

 今年は、日本にロータリーが誕生して100年の節目を迎えます。また中津ロータリークラブも1954年2月8日にRIから認証を受けて67年目となります。多くの先輩方が丁寧に育んできた中津ロータリークラブを、この様な状況でもしっかりと「つなぎ」、会員の皆様同士、明るく、魅力ある、なにより楽しいと感じられるクラブの運営に努めてまいる所存です。例年とは少し異なるスタートになると思いますが、現実を前向きに捉え、私自身少しでも成長できればと思っています。山本昌豊幹事共々、1年間どうぞよろしくお願い致します。


中津ロータリークラブ Copyright(c)
Rotary Club of Nakatsu
All Rights Reserved.